プロフィール

Sternenzelt

Author:Sternenzelt
申年2月14日生まれ みずがめ座 A型
木星人+ 八白土星 
趣味:ピアノ・歌・星見・月面散歩
よろしく~


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


ドコモダケ


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在最も曖昧な表現の1つに集団的自衛権がある。

先日、某アンケートで集団的自衛権に賛成か反対かの質問があり、回答した人のコメントを読んで驚いた。
賛成した人の大半が、集団的自衛権と個別的自衛権をごっちゃにしている。
日本語で言うから、わけのわからないものになるのであって、そもそも集団的自衛権と訳されている言葉は、
ナショナルディフェンスである。
これに『自衛』という訳を当てるから混乱するのだと思う。

個別的自衛権と訳されている言葉は、セルフディフェンスであり、こちらは『自衛』で差し支えない。
何故ナショナルディフェンスを集団的自衛権と訳したのか・・・。

新聞によると、政府はとにかく『集団的自衛権』という文言を文書に入れたいらしい。
誤った解釈で世論をごまかし、取りあえず単語を入れて閣議決定してしまい、後は障子の穴を広げるかのごとく
拡大解釈していこうという姿勢が垣間見られるのは気のせいだろうか。

そもそも何故こんなに決定を急ぐのか。
世論をミスリードして決定してしまう・・・
ワイマール憲法が骨抜きにされた全権委任法の再来のような危機を感じてしまう。

野党の皆さん。
権力争いをしている場合ではないのでは?
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。